このエントリーをはてなブックマークに追加

Oct

29

Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」

インテルCPUの性能を使いこなそう!

Organizing : 日本IBM デベロッパー・アドボカシー事業部

Hashtag :#IBMDojo
Registration info

オンライン参加

Free

Attendees
25

IBM社員(オンライン)

Free

Attendees
10

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

録画

https://video.ibm.com/recorded/128418674

過去の内容は下記の日程リンクから追えます。

概要

この勉強会ではGPUなしでもCPUの特性を活かしたAI構築ができる方法をシェアします。

現在のAIブームでは画像処理が流行してるためCPUを利用したAI構築が注目されることは少なかったようです。
しかし汎用CPUでも利用するソフトウェアを変えることによって機能を引き出し、性能をあげることができます。
x86 CPUの元祖供給元、インテルからも講師を招き、AI構築を前提としたソフトウェア選択について解説いただきます。

画像解析のように曖昧であっても即時の結果が重要な処理はGPUが適切であることはよく知られています。
しかし、特定環境のシミュレーションのように厳密さが要求される場合はCPUによる処理が適切な場合も多くあります。
実際の演算処理ではコンピュータビジョンでもシミュレーションでもベクトル演算という計算をしています。
そしてAI活用にベクトル演算は不可欠な技術となっています。
その背景がみえると目的に対する機械の向き不向きがみえてきます。
CPUでのAI処理が遅い、といま感じていてもそれが使い方や考え方で変わるに違いありません。

このシリーズは全4回です。

開始時間   内容
1 9月17日 14:00 座学のみ
2 10月29日 14:00 座学, ハンズオン
3 11月12日 14:00 座学, ハンズオン
4 12月10日 14:00 座学, ハンズオン

*IBM社員も参加し、一緒に学ぶ場所とさせていただきます。

第2回の内容:

CPU向けにチューンされたTenserFlowに触れます。
TenserFlowそのものについては普段から使っている方には恐らく少し物足りない入門編的な内容です。ご了承ください。
逆に初めて使ってみる、という方にはぴったりです。

座学では次の内容を実施します。

Intel TenserFlowインストール手順:
https://software.intel.com/content/www/us/en/develop/tools/distribution-for-python/get-started.html https://software.intel.com/content/www/us/en/develop/articles/intel-optimization-for-tensorflow-installation-guide.html

CPUでの分散学習教材:
https://github.com/hiouchiy/IntelAI/tree/master/distributed_training_on_cpu

今回含まれる技術

  • 5G, TCP/IP
  • Python (特にインテル® Distribution for Python*)
  • TensorflowおよびPyTorch (特にインテル® optimized Deep Learning Framework)
  • インテルの Deep Learning ライブラリ (インテル® OpenVINO™ ツールキット)

タイムテーブル

オンライン・イベント参加のURL: セミナーが近くなりましたら公開いたします。

13:45 以降に上記の参加用 URL にアクセスし、開始をお待ちください。 社員の方も同様です。

時間            内容   発表者
13:45-14:00 オンライン受付
14:00-14:10
(10分)
AIに必要なデータをどう送るのか、ネットワークを考える 日本IBM 小島克俊
14:10-15:00
(50分)
インテルがチューンしたPythonとTensorflowを使ってみる インテル 大内山浩
15:00-15:15 QA & クロージング 日本IBM 小島克俊
インテル 大内山浩
日本IBM 小薗井康志

※ タイムテーブルは変更になる可能性があります。予めご了承下さい

※ 終了後は アンケート への入力 と、Q&Aサポート(Slackチャネル,勉強会実施中に案内します)の申し込みをよろしくお願いいたします。

参加条件

  • 既にのIBM Cloud アカウント (無料のライト、Subscriptionを含む) をお持ちのかた

まだの方は受講前に以下の条件準備をお願いいたします

環境設定

事前にこちらの環境を用意いただくとつまずきが減るかもしれません。

https://speakerdeck.com/kkojima/dojo-plus-plus-gpunasidemokokomadedekiruaigou-zhu-sirizu-part-2-huan-jing-gou-zhu-shou-shun

内容は
Dockerのインストール
AnacondaのDockerイメージ取得
コンテナ内Linuxにapt-getで追加モジュールインストール

その他

IBM Cloudのご契約内容や、ご請求に関するお問い合わせにつきましては、弊社サポート窓口までお願いいたします。
■IBM Cloudサポート
https://www.ibm.com/jp-ja/cloud/support

このシリーズ

このシリーズは以下の構成になっています。 初回からみていただくのがおすすめですが、概ねどの回からみられても完結している内容になっています。

part 1 GPUなしでAI構築とは
part 2 インテルのTensorFlowがあるとは
part 3 AIモデルのテンプレートをつかってみる
part 4 カスタムAIモデルをつくってみる

Feed

Katsutoshi Kojima

Katsutoshi Kojimaさんが資料をアップしました。

11/03/2020 11:06

Katsutoshi Kojima

Katsutoshi Kojimaさんが資料をアップしました。

11/03/2020 11:06

Katsutoshi Kojima

Katsutoshi Kojimaさんが資料をアップしました。

11/03/2020 10:31

Katsutoshi Kojima

Katsutoshi Kojimaさんが資料をアップしました。

10/28/2020 14:30

Katsutoshi Kojima

Katsutoshi Kojimaさんが資料をアップしました。

10/28/2020 14:21

IBMDevJP

IBMDevJP published Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」.

10/07/2020 13:22

Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」 を公開しました!

Ended

2020/10/29(Thu)

14:00
15:15

Registration Period
2020/10/07(Wed) 13:22 〜
2020/10/29(Thu) 15:15

Location

オンライン

オンライン

Attendees(35)

TomH72

TomH72

Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」 に参加を申し込みました!

yo_usui

yo_usui

Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」 に参加を申し込みました!

KMD2525

KMD2525

Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」に参加を申し込みました!

ENOMOTOQ

ENOMOTOQ

Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」 に参加を申し込みました!

Cory02202

Cory02202

Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」 に参加を申し込みました!

kookoichi

kookoichi

Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」 に参加を申し込みました!

kululu

kululu

Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」 に参加を申し込みました!

shin s

shin s

Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」 に参加を申し込みました!

41nagai

41nagai

Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」 に参加を申し込みました!

KanSAKAMOTO

KanSAKAMOTO

Dojo ++ 「GPUなしでもここまでできるAI構築シリーズ Part 2」 に参加を申し込みました!

Attendees (35)

Canceled (4)